2007.12.14

日商簿記検定2級に合格しました。

合格証書が届いていました。受け取ってみると嬉しいものですね。

私が受験した会場ですと、合格率は21%弱ということみたいでした。これは例年の全国平均に比して低くなっている模様(前回116回の合格率は29.2%、115回の合格率は49.5%)。10%台の会場もあったみたいです。

印象としては、たしかに本支店会計を扱った第三問は他の問題に比べて難しかったかもしれないなぁと。前回や前々回なら合格できる実力をお持ちの方の中に、あそこで腰を折られてしまった方が少なからずいらっしゃった、ということかもしれません。

あくまで邪推です。

もし1級を受験するとしたら会計士試験後の11月になると思います。ただ、その頃にどういった時間の過ごし方をしているかが不透明なので、実際受験するかどうかも定かではなく。しばらくは検定試験等のことは頭の片隅に追いやって、会計士試験に全労力を集中するつもりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.12.13

簿記基礎Ⅴ9回目・10回目

ごぶさたしています。

今月のいままでは「本支店」と「連結」に開眼するため日々研鑽を積んでおりました。

今回の講義で、噂の「税効果会計」に着手することに。引き続き執拗に基礎を固めていきたいと思います。

他の科目はほったらかして、このまま上級の簿記と財務諸表論に突入します。12月は「財務会計論」一本釣りです。

【今日の成果】 175/339コマ 進捗度51%

  • 簿記基礎マスターⅤ 9回目・10回目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.01

11月の反省、来月の抱負。

11月。何をやっていたのかよく覚えていません。全く勉強しなかった日が7日くらいあったかなぁという具合で。

時期的に試験の緊張感をヒシヒシと感じ始めた月でもありました。

一応、記憶喚起・危機感喚起という意味も込めて、科目ごとに反省と抱負を。

【簿記】
(講義)基礎マスターⅤ 1~8回目
(復習)基礎マスターⅢ・Ⅳの復習を主に。
(演習)トレボ1・2で総合問題演習。

日商簿記検定2級の受験に備えて、基礎マスターⅢとⅣを復習した月でした。せめて基礎マスターぐらいは全て終えたかったのですが、ダメですね。気合い入れなおさないと。

来月は上級まで仕上げてしまいたいと意気込んでいます。

【財務会計論】
(講義)なし。
(復習)上級テキストと塩川レジュメを使って入門基礎マスター7回目分まで。章末の論証を書けるように練習。

これは簿記と平行してコツコツやってきました。継続は力なりということで引き続き亀でやっていこうと思います。

入門基礎の内容をしっかりやれば上級は楽にいけそうですし、来月には終わらせてしまいたい科目でもあります。

【管理会計論】
(講義)基礎マスターⅠ5回目~上級1回目まで。
(復習)入門期と基礎マスターⅠまでを主に。
(演習)トレ管1を少々。

今月は管理会計の月だったと言っても過言ではない。とにかく進めようという意識で取り組みました。日商簿記2級もありましたし。単元ごとにしっかり「トレーニング」を解いて、続いて同じ範囲の「トレ管」を解いてゆくといった勉強方法が主でしたが、これは今後も続けていこうと思います。加えて、上級を1コマだけ受講しましたが理論の勉強のウェイトがかなり重くなりそうな予感がしました。ますます苦手意識が増しそう…。

来月はせめて基礎期の内容だけでもしっかり定着させたいと思っています。

【監査論】
(講義)上級1回目のみ。
(復習)特にせず。

ためしに上級の講義を見てみたぐらいです。2月あたりに一気にやってしまえばいいかなと。今は計算科目優先ということで。

【租税法】
(講義)入門3回目のみ。
(復習)特にせず。

11月は租税法の月にもしたかったのですがほとんど手付かず。1月に集中的にやってしまうつもりです。

【企業法】
(講義)なし
(復習)上級1回目だけ。

ほとんどやりませんでした。上級一回目の内容には習熟できたと思います。亀でやっていくしかない。そんな感じ。

【民法】
(講義)なし
(復習)上級三回目までを少々。

一番力を入れていた科目でしたが、今月はほとんどやらず。これも亀でやっていきます。

(総括)
それぞれの科目をちょびちょびやっていたのでは全て共倒れになってしまうような気がしてきたので、12月は「この科目は大丈夫!」という科目を集中的に作っていきたいと考えています。当面は財務会計論と管理会計論に取り組むことになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.29

最近買った本

今年中に財務会計論と管理会計論は完全に仕上げてしまおうと思っています。

簿記 4 改訂版 構造問題編―公認会計士 (4) (新トレーニングシリーズ)
Book
簿記 4 改訂版 構造問題編―公認会計士 (4) (新トレーニングシリーズ)
販売元 TAC出版
価格(税込) ¥ 2,520
簿記 5 改訂版 連結会計編―公認会計士 (5)
Book
簿記 5 改訂版 連結会計編―公認会計士 (5)
販売元 TAC出版
価格(税込) ¥ 2,520

管理会計論 4 第3版 総合問題管理会計編―公認会計士 (4) (新トレーニングシリーズ)
Book
管理会計論 4 第3版 総合問題管理会計編―公認会計士 (4) (新トレーニングシリーズ)
販売元 TAC出版
価格(税込) ¥ 2,100
管理会計論 3 第3版 総合問題製品原価計算編―公認会計士 (3) (新トレーニングシリーズ)
Book
管理会計論 3 第3版 総合問題製品原価計算編―公認会計士 (3) (新トレーニングシリーズ)
販売元 TAC出版
価格(税込) ¥ 2,100

会計法規集 最新増補第27版
Book
会計法規集 最新増補第27版
販売元 中央経済社
価格(税込) ¥ 1,890

公認会計士試験論文式試験必修科目過去問題集 (2008年度版)
Book
公認会計士試験論文式試験必修科目過去問題集 (2008年度版)
販売元 TAC株式会社出版事業部
価格(税込) ¥ 2,100

公認会計士試験短答式過去問題集 2008年度版 (2008)
Book
公認会計士試験短答式過去問題集 2008年度版 (2008)
販売元 TAC出版
価格(税込) ¥ 2,310

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.27

地方での就職。

地方事務所への就職を視野に入れるといっても、何も自分の地元だけを考える必要はない、と思い立ちました。

東京近郊の地域、例えば中部もいいのではないか。内部統制等がしっかりしたクライアントが沢山ありそうですし、監査職人として成長するには申し分のない環境かもしれません(要研究)。

縁も所縁もない土地ですが、東京にも一時間半くらいあれば行ける位置ですし、学生時代の友人にも軽いノリで会いに行けますよね。実務補修なども東京でやるそうですし。思えば東京も5年程いたことがあるだけの場所にすぎませんから、そこまでこだわらなくてもよいのかもしれません。きっと新天地も住めば都になることでしょう。

古い友人が名古屋で働いているらしいですし、愛知出身の友人達にも帰省時に会えることでしょう。

真剣に、新幹線を途中下車して、説明会に飛び込んでみようかしら。私のような余所者を受け入れてくれるかしら。

こんなことばかり考えていると皆さんに怒られそうですね。引き続き勉強がんばります。

【今日の成果】 173/339コマ 進捗度51%

  • 簿記基礎マスターⅤ 7回目・8回目

  • 簿記基礎マスターⅣの復習

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.25

スイッチング

ここ数日、勉強にも手がつかず、伏せっておりました。

今年の合格状況を受けて、今後どうなるものかと漠然とした不安感に苛まれていました。来年からは東京など都市圏での就職は厳しくなるんじゃないかと。

それでも前進するしかない、走りながら一つ一つ整理していくしかないとは分かっていながらも、なかなか。

このままではイカン!と、今日はスイッチングの意味も込めて映画を観にいってきました。人生初の独り映画でした。

観にいったのは「SAW4」。

前作までで回収されていない伏線が今作で明らかになるのではないか、と以前から気になっていたんです。

感想としては相変わらずのエグい映画。伏線も少なからず回収されていましたが依然残された伏線もチラホラで。これは次回作も出るのかな、といろいろ期待させられる内容でした。

話は戻って。試験勉強ですが、今日から本格復帰しました。

いろいろと考えに整理をつけることができました。今後は地方事務所で働くことも大いに視野に入れていくつもりです。そう決断するのに手間取るほど私は東京に大切なものを作りすぎたように思います。人生山あり谷あり。一般企業に就職して地方や海外に赴任した友人も沢山いますが、同じような苦悩を経験してきたのかもしれませんね。私だけ甘っちょろいことを言っているわけにもいきません。何よりも優先すべきことは試験に合格して両親を安心させてあげること、これに尽きます。そう胸に言い聞かせて今後とも頑張ろうかと。

【今日までの成果】 171/339コマ 進捗度50%

  • 簿記基礎マスターⅤ 3回目・4回目・5回目・6回目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

平成19年公認会計士試験合格発表

ttp://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/ronbungoukaku_a.html

合格者数が二倍近くも増えましたね。合格最低点も低くなったことを考えれば喜ぶべきなのでしょうけれど、来年合格できたとしても果たして就職できるのでしょうか。今回予想される大量採用を受けて、来年以降、監査法人側が条件を高く設定してくることは十分ありえそう。中小の監査法人も含めて精力的な就職活動を展開しなければならない時代が早々とやってくるのではないか、と少し不安です。

どちらにしろ今の自分のやるべきことが変わったわけではないので、切り替えて勉強を進めていきたいと思います。

合格された方はおめでとうございます。

【今日の成果】 167/339コマ 進捗度49%

  • 簿記基礎マスターⅤ 1回目・2回目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.19

第117回日商簿記検定2級

【第117回日商簿記検定2級】

問1 各種仕訳

問2 特殊仕訳帳制

問3 本支店会計

問4 単純個別原価計算

問5 直接原価計算・CVP分析

受けてきました。特に自己採点はしていないのですが、LECが試験後に配っていた問1のみの解答速報を見たところ正解できていたので、少なくとも20点はゲットできているはず。

問1は定番の仕訳問題。サービス問題といった感じ。「受託買付」が出題されたのは意外でしたけれども。TAC会計士講座の「簿記基礎マスターⅡ・Ⅲ」をしっかり勉強していたら難無く解けた問題だと思います。

問2は特殊仕訳帳制を知ってさえいれば解ける問題かな、と。残高試算表を完成させる問題でしたが、貸借の数字が合わなくて焦りました。おかげで時間をかけすぎてしまい反省。まだまだ修行が足りません。これは「簿記基礎マスターⅣ」の範囲。典型論点である一部当座(現金)取引もばっちり出題されていました。

問3は本支店会計。今回の試験では一番ひねられている問題だったと思います。未達の修正から内部利益の調整など聞かれていることはオーソドックスだったと思いますが。もし不合格になったとしたらここが原因だろうなと。「簿記基礎マスターⅣ」の範囲です。

問4からは原価計算の問題にシフト。個別原価計算の問題でした。各指図書が売上原価・製品・仕掛品のどれにあたるか等を聞いてくる、ありがちな問題でした。これはサービス問題だったと思います。「管理会計論入門Ⅰ」の序盤の知識だけで十分だったかと。

問5は直接原価計算とCVP分析。特にひねりもなく楽に解ける問題でした。これもサービス問題だったと思います。「管理会計論入門Ⅱ」の範囲です。

本番の感想としては、他の受験者の方の電卓打ちが激しすぎる件。これに尽きます。幾十、幾百もその音が重なってくると、けっこう威圧されるものですね。耳栓を使おうという人の気持ちが少し分かったような気がしました。

ともあれ合格していることを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

1=0.999999999999・・・

計算問題を解いていると、時々、端数として「○○.99999999999・・・」という数字が出てくると思いますが、

「0.99999999999・・・・・」=「1」であると無条件にみなしてしまっていいのではないか、と思う今日この頃。

例えば「48.999・・・」なら「49」に、「99.999・・・」なら「100」に、といった具合に問題文に特に指示がなくとも手前勝手に1と看做してやる。

一応、「0.999・・・=1」という式が本当に成り立つのかについて、数学上の証明を試みてみます。

x=0.99999999999999・・・
10x=9.99999999999999・・・

下から上を引くと、

9x=9
x=1

つまり

1=0.99999999999999999・・・

以上証明終わり。確か高校時代にやったんじゃないかと記憶してます。

今まで計算問題を解いた中で、「1でいいっしょ」と匙を投げても誤答した記憶がないので、多分大丈夫かと。原価計算全般に、また特商で原価率を出す時などに、きっと役に立つ発想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

日商簿記検定2級の工業簿記のテキストが分かりやすい。

今週末、日商簿記2級受けるんだった。すっかり忘れてた…。

ということで、検定用の市販のテキストを眺めていたんですが、原価計算のテキスト…会計士のテキストよりも分かりやすい…。カラーの挿絵がこれでもかというほど挿入されていて、解説も懇切丁寧というか。これは会計士試験のためにもなりそうな予感です。いっちょ、会計士試験の勉強の一環として総洗いしてみようと思います。

内容の範囲としては、基礎マスターⅠ・Ⅱの大部分がカバーされている模様ですし。今の自分には丁度いいかなと。

一方の簿記のテキストはサラッと目を通しておく程度でいいかな、と思います。頑張ります。

合格テキスト日商簿記2級工業簿記―Ver.4.0 (よくわかる簿記シリーズ)
Book
合格テキスト日商簿記2級工業簿記―Ver.4.0 (よくわかる簿記シリーズ)
著者 TAC簿記検定講座
販売元 TAC株式会社出版事業部
価格(税込) ¥ 2,100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«管理会計論基礎MⅡ5回目・6回目・7回目&監査論上級1回目